« 親しい友を偲んで | メイン

「いただきます!」の意味

日本では、昔からごはんを食べる前に『いただきます!』と言います。
世界では「神様に感謝します」とか「このご馳走を作って頂いた皆さんに感謝します」と言う所はたくさんありますが、『いただきます!』と言うのは日本だけだそうです。
数年前に、ある学校でこんな事があったそうです。
ある生徒のお母さんが、学校に「ちゃんと給食費を払っているのに、うちの子に『いただきます!』と言わせないで下さい」とクレームを言って来られたそうです。どうやら、そのお母さんは『いただきます!』の意味を、誰かから貰う、施しを受けるという意味に理解していたようです。
ところが、そのクレームに対して、学校側では誰も『いただきます!』の本当の意味を理解しておらず、そのお母さんにちゃんと答えができなかったのだそうです。そしてその学校では、それ以来『いただきます!』ではなく、「感謝します」という言葉を使って給食を食べるようになったそうです。
違うんです。『いただきます!』と言うのは、誰かから貰うとか、施しを受けるという意味ではなく、私たちは色んな生き物の「命を頂いて」自分の命に代えているのです。
肉も、魚も、野菜も、全てみんな元は生き物です。そんな生き物のお蔭で今の私たちは生きているのです。
その事への感謝、生き物たちへの感謝、そんな意味で私たち日本人は『いただきます!』という言葉を使っているのです。

About

2019年02月12日 15:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「親しい友を偲んで」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34