« ハッピーボーン | メイン

「心施」と「和顔施」

仏教に「心施(しんせ)」と「和顔施(わがんせ)」という言葉があるそうです。
これは、極楽へ行くための修行、つまり幸せになるための行(修行)の第一に挙げられている「布施(ふせ)」という7つの行に含まれるものです。
お布施というと、お寺や僧侶に、あるいは困っている人に、金品を施すことだと思いがちですが、お金や物に頼らない「無財(むざい)の布施」というのもあるそうです。それがこの「心施」と「和顔施」です。
 「心施」とは、相手に優しい言葉をかけたり、心を込めて看病をしたりすること等です。また「和顔施」とは、文字どおり柔和な顔の施しです。その顔を見ただけで心が温まるような温顔を施すことです。
つねに穏やかで笑顔を絶やさない上機嫌な人の周りには、自然と人が集まり、笑顔の輪が拡がるものなのです。

About

2018年12月23日 08:26に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ハッピーボーン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34