« 2017年08月 | メイン

2017年09月 アーカイブ

2017年09月25日

議会格の向上をめざそう!

いま寝屋川市では、平成31年4月からの「中核市への移行」を目指して、北川市長を先頭に理事者と職員の皆さんが一丸となって移行に向けての準備が進められている。
そして、その一環として『都市格の向上』に向けての取組み等も進められている。
『都市格の向上』とは非常に抽象的で分かり難い表現だが、私なりに解釈すると、「中核市」という名に相応しい行政運営を行い、これまで以上に市民の皆さんに喜んで貰え、他市の皆さんからも「一度寝屋川市へ行ってみよう」と思ってもらえるような街づくりをすることではないかと思う。
論語の中に、孔子の「近き者説(よろこ)び、遠き者来(きた)る」という言葉がある。これは「近くにいる民が喜び幸せであると、遠くにいる民もそれを聞いて集まってくるものだ。」と意味である。『都市格の向上』とは、そのように周りから注目される市政運営や町づくりをすることではないだろうか。
また、『都市格の向上』と併せてもう一つ大切なのは『議会格の向上』である。『議会格の向上』とは、「中核市」という名に相応しい議会と議員の資質と権能の向上を図ることである。
市民の皆さんから、「寝屋川市の議会は素晴らしい」と誇りに思って貰える議会。他市の皆さんからも「一度ぜひ寝屋川市議会を訪ねてみたい」と思って貰えるような議会運営をすることである。
それには、まず議会基本条例や議会倫理条例を制定し、今まで以上に積極的に「市民の皆さんに分かり易い議会」「市民の皆さんに見える議会」「市民の皆さんにも参加して貰える議会」に向けて議会改革に取り組む姿勢が大切なのではないかと、私は思っている。

2017年09月28日

愚直に生きる②

九月議会が終わった。だが、未だに私の心中は穏やかではない。
それは、九月議会の初日に全会一致で議決した内容と大きく矛盾する議案が、議会の最終日に2つのグループから提案されたからだ。
議会初日には「議員定数と議員報酬については、第三者委員会の調査に委ねる」ことを全会一致で決定した。
だが、議会最終日には、それに矛盾する二つの議員提案が提出された。正に市民や他の議員を欺く行為である。これが果たして「良識の府」と言えるのだろうか。
私は、議場での討論の中でその点を厳しく指摘し、『議案の内容の如何を問わず、2つの議案とも絶対反対である』と反対意見を述べた。
私は、たとえ「愚直だ」「ばか正直だ」と言われようとも、良識ある議員の一人でありたいと思っている。

About 2017年09月

2017年09月にブログ「山さんのコラム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34