« 万のわざには時あり | メイン | 笑顔の効果 »

手書きの良さ

最近、手書きで手紙や葉書を書く機会が殆んど無くなってきました。パソコンやスマートフォンなどの普及でキーボードを叩けば簡単に綺麗な文字が書けるからです。同時に「漢字は、読めるけれど書けない」という人も増えています。
一方、ある書道教室の先生によると「一時は廃れかけていた書道教室も、最近、生徒が増えてきている」というのです。理由は、集中力がつく、落ち着きがでる、礼儀作法が身につく、長時間机に向かうことが苦にならなくなる。そして何より成績が上がる・・・などの効果が口コミで広がっているからだそうです。
文化庁が発表した最近の「国語に関する世論調査」を見ても、印刷された年賀状より手書きのものが良いという人が9割近くおり、「文字を手書きにする習慣は大事だ」と答えた人が9割以上に上るといいます。
あなたも久しぶりに、友人や知人に近況を知らせる手書きの手紙や葉書を書いてみてはいかがですか。

About

2017年03月30日 08:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「万のわざには時あり」です。

次の投稿は「笑顔の効果」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34