« 生まれて初めての〇〇 | メイン | 手書きの良さ »

万のわざには時あり

『旧約聖書』のひとつ「伝道の書」に、次のような有名な言葉が記されていると言う。
天(あま)が下(もと)の万(よろず)の事(こと)には期(き)あり、
万(よろず)のわざには時(とき)あり。
生(う)まるるに時(とき)あり、死(し)ぬるに時(とき)あり、・・・
今年の1月下旬に、叔父がガンを患い91歳で亡くなった。そして、そのちょうど4週間後の2月下旬に叔母も、90歳で亡くなった。
叔父夫婦はとても仲がよく、叔母が10年ほど前に難病で入院したが、叔父は毎日定期券を買って、洗濯物の着替えを持って叔母のもとに通っていたと言う。
 あの世から、叔父が「そろそろお前も此方へおいで」と叔母を呼び寄せたような、正に「死ぬるに時あり」の2人の旅立ちであった。

About

2017年02月24日 17:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「生まれて初めての〇〇」です。

次の投稿は「手書きの良さ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34