« 無用の用 | メイン | 家庭の幸福は、妻への降伏なり »

私の故郷じまん

 私は北陸・富山県の生まれである。18歳のとき高校卒業と同時に富山を出てきて、もう47年も経ってしまった。
 正直言って、つい10年ほど前までは年に何回か富山で帰ることがあったが、自分が生まれ育った故郷についてそれ程関心が無かったような気がする。しかし、郷里の両親が亡くなり、もう自分たちの帰りを待ってくれている人がいないと自覚した頃から、なぜか望郷の思いが湧いてきたような気がする。
 富山県は、毎年「住みよい町ランキング」の上位に選ばれ、小中学生の全国学力テスト結果では、同じ北陸の石川県、福井県等と共に例年上位にランキングされ、「住みよい都道府県」でも、例年上位にランキングされている。
 私が生まれ育った富山県は、今年のノーベル物理学賞と文化勲章の受章が決定した梶田隆章(かじた たかあき)氏は現在も富山市在住(現在は千葉県柏市の研究所へ単身赴任中とか)である。また、昭和62年にノーベル医学・生理学賞を受賞された利根川進氏も、平成14年にノーベル化学賞を受賞された田中耕一氏も、幼少の頃富山県に暮らしたことのある縁が深い皆さんである。

About

2015年10月31日 15:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「無用の用」です。

次の投稿は「家庭の幸福は、妻への降伏なり」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34