« はきものをそろえる | メイン | お国柄気質(県民性) »

ほめ言葉のシャワー

最近「しつけ」と称して子どもに口うるさく言うばかりで、あまり褒めようとしない親が多いと言う。
確かにルールや約束を守らなければ、きちんと叱ることも大切だが、むしろ、褒めることで自信と「やる気」を引き出すことが大切である。
北九州市に「ほめ言葉のシャワー」という取り組みを行なっている小学校がある。
毎日の下校前の時間に、一人の子どもが黒板の前に立ち、クラスの子どもたちが、その子の良いところを「シャワーのように」次々に発表し、全員の発表が終わったら、最後に前に立っていた子どもがお礼のあいさつをすると言う。
子どもたちは、日頃からクラスメートの良いところを意識するようになり、褒められた子は自信を持ち、積極的に勉強やクラスの活動に参加するようになると言う。

About

2014年12月28日 20:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「はきものをそろえる」です。

次の投稿は「お国柄気質(県民性)」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34