« 「辛い」と「幸せ」 | メイン | 貴方はどこから読みますか »

幸せの法則

誰でもみんな「幸せになりたい」と思っている。
でも、「幸せ」ってなんだろう。
ある本によると、人はどんな時に「幸せ」を感じるかと言えば、①人に愛されているとき。②人に褒められたとき。③人の役にたったとき。④人から必要とされていると感じたとき。の4つのときだという。
では、どうすれば自分が「幸せ」になれるのだろうか。
自分が幸せになるには、人を幸せにすることが一番の近道だという。
人が「幸せ」と感じることをする人にする。即ち、①人を愛すること。②人を褒めること。③人に感謝すること。④人を必要とすること。が、自分が幸せになる一番の近道だという。

About

2014年03月15日 08:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「辛い」と「幸せ」」です。

次の投稿は「貴方はどこから読みますか」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34