« 2012年10月 | メイン | 2012年12月 »

2012年11月 アーカイブ

2012年11月08日

幸福三説

明治の文豪・幸田露伴は、幸福には3つの方法があると言った。
惜福(せきふく)、分福(ぶんふく)、植福(しょくふく)の3つである。
惜福とは、自分に与えられた福を使い尽くしてしまわず、天に預けておくことをいう。
福の少ない人は、廻ってきた福をすぐに使い尽くしてしまうから、福に縁が薄いのだそうだ。
また、分福とは、福を人に分け与えることをいう。これは「情けは人のためならず」という言葉にもあるように、人に福を分け与えると、何時かは自分に帰ってくるものだという。
そして、植福とは、常日頃から幸福の種を蒔いておくことをいう。常に努力を続ける人こそ幸福になれるという考えである。
いずれにしても、「何も努力しないで、待っているだけでは、幸福にはなれない」ということなのかもしれない。

2012年11月26日

お天道さまが見てる

私は太陽が昇る瞬間の「日の出」が好きだ。特に海の彼方から昇る「日の出」を見るのが大好きである。正に新しい一日の始まりを実感する瞬間である。自然に朝日に手を合わせ、「家族の幸せ」「今日一日の無事」を祈りたくなる。
ずっと昔、何か事ある毎に、母親からよく「お天道(てんとう)さまが見てるよ」「お天道(おてんとう)さまに笑われるよ」と言われたことを思い出す。
約束を守らなかったり、悪さをしたり、横着したり、妹をいじめたり、宿題を忘れたり、学校をずる休みしたりなどすると、母親はいつも私に「お天道さまが見てるよ」「お天道さまに笑われるよ」と言って叱った。
私はずっと太陽(お天道さま)に見守られて育ったような気がする。
そして、あれから50年近く経った今でも、私はお天道さまに見られても恥ずかしくない生き方をしたいと思っている。

About 2012年11月

2012年11月にブログ「山さんのコラム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34