« 「いじめ」を無くするのは大人の力 | メイン | 我が家の「小町姫」 »

越中おわら風の盆

今年も早や9月の風が吹き始めた。
私は越中富山の生まれである。この時季、富山と言えば「越中おわら風の盆」が有名である。
毎年9月1~3日の3日間、八尾(やつお)の小さな町は、全国からの観光客で溢れ、眠らない夜を過ごす。
三味線と胡弓が奏でる物悲しい調べ。「唄われよ~、わしゃ囃す~」と声を張り上げて唄う「越中おわら節」。踊り子は唄に合わせてゆったりと踊る。
女性は揃いの浴衣姿で編み笠を深くかぶって踊る。編み笠で顔が見えないせいか、柔らかな身のこなしやピンと伸ばした指先から妖艶とも言える色気を感じる。
男性は股引(ももひき)と法被(はっぴ)姿で、やはり編み笠を深くかぶって踊る。きりりとした身のこなしやピンと伸ばした指先から力強さと男の色気を感じる。
故郷びいきと笑われるかも知れないが、私は日本中で一番美しい盆踊りだと思っている。

About

2012年08月28日 16:56に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「いじめ」を無くするのは大人の力」です。

次の投稿は「我が家の「小町姫」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34