« 議会の可視化 | メイン | 遠い先祖と近い先祖 »

感動をありがとう!

今朝、ドイツで開催されていた『サッカーの女子ワールドカップ』の決勝で、なでしこジャパン(日本代表)が、強豪アメリカを下してみごと優勝した。
まさか、これまでに一度も勝つことができなかった強豪ドイツとアメリカを下して日本代表が優勝するとは、(優勝して欲しいと言う願いはあっても)、恐らく殆んどの人が予想していなかったのではないだろうか。
後半24分にアメリカに先制されたが、終了間際の36分に同点に追いつき延長戦に持ち込み、延長戦でも前半14分で再びアメリカにリードを許したが、後半12分に宮間選手のコーナーキックのボールをキャプテンの沢選手がねじ込んで再び同点としてPK戦に持ち込んだ。
そして、PK戦でもGK・海堀選手の活躍などで3-1でアメリカを下し、男女を通して初のワールドカップの優勝トロフィーを日本代表が手にした。
今回のなでしこジャパンの活躍は、東日本大震災で被災した人だけでなく、全日本の国民に、いや全世界の人々に「感動」と「最後まであきらめない」ことの大切さを教えてくれた。
そして、MVPと得点王に輝いた沢穂希(ほまれ)選手の姿から、「努力は嘘をつかない」ことも学んだ。

About

2011年07月18日 12:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「議会の可視化」です。

次の投稿は「遠い先祖と近い先祖」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34