« シルバーウィークに思う。 | メイン | 「国の基準を大きく下回っています。」をどう理解しますか。 »

私は「しみん党」です。

9月23日、シドニーなどオーストラリア東部で町が真っ赤になるほどの猛烈な砂嵐が吹き荒れたと言う。
そう言えば、ほんの1カ月前に日本でも「政権交代」という猛烈な嵐が吹き荒れたばかりだ。
衆議院選挙の前から「政権交代」の猛烈な嵐が吹き始めているのは、誰の目にもはっきり写っていた。そんな中で私は大学の後輩である自民党候補の選挙を手伝った。結果はやはり大嵐に逆らうことはできず、微塵にも吹き飛ばされてしまった。
最近、私が自民党候補を応援したことで、時々「山崎さんは自民党だったんですか」と聞かれることがある。もちろん私は自民党でなくどの党にも属していない「無所属」である。私は「何党か」と聞かれた時は、いつも「私はしみん(市民)党です」と答えることにしている。私は個人的には、市議会議員などの地方議員は、党や上部団体などの意向に左右されず、市民の皆さんの声を一番大切にするため、無所属の方が良いと思っている。
選挙が終わって、私はある自民党議員に「敗因は何か」と聞いてみた。彼は「今までの自民党はじぶん(自分)党だったからね」とポツンと答えた。

About

2009年09月29日 07:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「シルバーウィークに思う。」です。

次の投稿は「「国の基準を大きく下回っています。」をどう理解しますか。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34