« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月 アーカイブ

2007年12月03日

12月10日~21日、12月定例市議会が開かれます。


12月10日(月)から21日(金)の日程で、寝屋川市議会「12月定例会」が開催されます。
12月3日に議会運営委員会が開催され、市長から当初提案予定の案件は、次のとおり(総数18件)であることが明らかになりました。
【条例…10件】
①寝屋川市みんなのまち基本条例の制定
②寝屋川市人権尊重のまちづくり条例の制定
③寝屋川市市民活動センター条例の全部改正
④寝屋川市一般職の職員の給与に関する条例等の一部改正
⑤寝屋川市基金条例の制定
⑥寝屋川市老人医療費の助成に関する条例等の一部改正
⑦寝屋川市後期高齢者医療に関する条例の制定
⑧寝屋川市下水道条例の一部改正
⑨寝屋川市都市公園条例及び寝屋川市における東部大阪都市計画国守町地区計画の区域内における建築物等に関する条例の一部改正
⑩寝屋川市道路占用料徴収条例の一部改正
【その他・・・6件】
①財産の取得
②寝屋川北部広域下水道組合の解散及び財産の処分に関する協議
③北河内4市リサイクル施設組合規約の変更に関する協議
④指定管理者の指定(寝屋川市有料自転車駐車場)
⑤指定管理者の指定(寝屋川市立市民体育館)
⑥寝屋川市土地開発公社定款の一部変更
【人事・・・2件】
①教育委員会委員の任命(井上幸子)
②教育委員会委員の任命(青山さつき)

※なお、これらの案件については、会派で内容等を詳細に調査し、あくまでの「市民の目線」で判断して、『是々非々』の姿勢で「賛成」「反対」を決定していきます。

2007年12月11日

12月議会「一般質問」の日程が決まりました。

寝屋川市議会12月定例会の一般質問の日程が次のとおり決まりました。開会はいずれも午前10時からです。是非たくさんの市民の皆さんに傍聴をお願いいたします。
【12月17日(月)】
1.北川光昭
①都市計画道路対馬江大利線について、②学校給食と食育について、③その他
2.田中久子
①妊婦検診にかかわる問題について、②子育て支援について、③介護保険について、 ④その他
3.池 真一
①緊急地震速報の導入について、②地上デジタル放送について、③その他
4.山本三郎
①廃校・園等の跡地利用について、②高齢者福祉について、③次世代育成支援対策について、④環境問題について、⑤安全、安心、快適な街づくりについて、⑥その他
5.山崎菊雄
①人権尊重のまちづくりについて、②審議会への市議会議員の参加の是非について、③京阪寝屋川市駅周辺の駐輪対策について、④京阪香里園駅西口付近の安全対策について、⑤寝屋川市英語特区の取り組みと今後について、⑥その他
6.太田 徹
①国民健康保険について、②後期高齢者医療制度について、③公立幼稚園について、④生活保護について、⑤小規模工事事業登録制度について、⑥その他
7.中谷光夫
①平和について、②廃プラ問題について、③その他
【12月18日(火)】
1.広瀬慶輔
①インセンティブ型予算編成の導入、②その他
2.板東敬治
①文化芸術振興と文化ホールについて、②子育て環境について、③徴収(収納)体制について、④橋梁・堤防・ため池の安全性について、⑤その他
3.高田政廣
①少子化対策・子育て支援について、②市民健康診査の胃がん検診にペプシノゲン(PG)法検査導入について、③自動対外式除細動器(AED)貸し出し制度について、④高齢者住宅用火災警報器設置費用の助成対象拡大について、⑤「こども自転車運転免許証」の交付事業について、⑥期日前投票所の増設について、⑦その他
4.住田利博
①行政手法に関して、②安心安全なまちづくりについて、③健康というテーマでまちおこしを、④環境問題について、⑤その他
5.廣岡芳樹
①第二京阪道路の環境対策について、②高齢者の包括的支援事業について、③特定健康診査及び特定保健指導事業について、④その他
6.池添義春
①青少年非行対策について、②指定管理者制度について、③いじめ問題について、④交通マナーについて、⑤「ねやがわ屋」の飲料水サービスについて、⑥その他
【12月19日(水)】
1.小西順子
①情報公開制度について、②公有財産購入における議会承認について、③北河内4市廃プラ処理施設について、④廃プラとペットボトルの混合収集について、⑤古紙古布回収の実施について、⑥幼保一元化計画について、⑦第三セクターへの貸付金回収について、⑧その他
2.寺本とも子
①障害者施策について、②街づくりについて、③その他
3.松尾信次
①萱島東地区のまちづくりについて、②同和行政について、③その他
4.宮本正一
①寝屋川市と疫学調査、②その他
5.北川健治
①アイドリングストップ車の導入について、②美しいまちづくり条例について、③地震対策について、④生活保護行政について、⑤その他
6.野々下重夫
①人事管理について、②負担緩和策について、③都市農業の振興について、④法定外公共物の管理について、⑤文化芸術を活用したにぎわいのまちづくりについて、⑥その他

2007年12月12日

緑風園跡地利用についての地域住民の本当の思いは・・・

12月12日(水)に建設水道常任委員会が開催され、その中で「住みよい萱島のまちづくりをすすめる会」という団体から提出された『市立緑風園跡地利用計画の凍結・見直しを求める請願』の審議がおこなわれた。
私は、この問題の審議にあたって、事前に担当部署の理事者や地元に居住する何人かの知人に問い合わせ、地元住民の皆さんの意向を聞いた。
それに対して、担当理事者からは「地元9自治会長で構成する萱島まちづくり協議会に計画の内容を説明し、協議会には賛成していただいています」との説明であった。
一方、私の知人は、「地元では特定政党の支持者の皆さんが熱心に『計画見直し』の署名集めに回っているが、自治会から何も言ってこないので、自分たちにはよくわからない」という返事であった。
そこで、会派の同僚議員と相談し「地元9自治会で構成する『まちづくり協議会』が行政の計画に賛成しているのなら、請願に賛成はできない」との結論をもって委員会に臨むことにした。
ところが、委員会で審議を進めていくうちに、まちづくり協議会の9自治会のうち5つの自治会の会長が請願賛同団体として署名を提出しているということが判明した。(委員会を一時休憩し、書面でその事実も確認した。)また、残りの4自治会のうち1自治会は独自に意見書を提出する予定とのことである。
と言うことは、私どもの判断は根本から崩れることになる。「計画に賛成しています」と言われるまちづくり協議会の9自治会のうち、6つの自治会は実は計画に反対していたのである。
私は委員長に再度休憩を求め、他の会派の委員の意向を確認したが、時すでに遅しである。他の会派の委員はすでに「この請願には反対」の結論をもって委員会に臨んでいた。
仕方なく、私は独断で会派で話しあった結論を変更し、紹介議員と2人で請願に『賛成』の討論・採決をした次第である(後刻、会派の同僚議員には事後承諾を得た)。
地元住民の皆さんは、本当に市の跡地利用計画に賛成しているのであろうか・・・・・・

2007年12月24日

選挙と「ロマン」

以前、友人から「こんど友達が選挙に出るので、一度先輩としてアドバイスをしてやって欲しい」と電話があった。その時私は「アドバイスなんて大それた事はできないが、12月議会が終わったら一度一緒に飲もうか」と電話を切った。
そして先日、12月議会も終わり一段落したので、駅前の居酒屋で3時間ほど3人で酒を酌み交わした。
話によると、彼もある市役所の職員を辞めて、来春の市議会議員選挙に出るという。なんと愚かなことか・・・。もう少し前に話を聞いていたら「止めとき」と言ってやったのに・・・。
収入の損得勘定だけで言うと、市役所の職員でいた方が議員になるより遥かに良い。確かに議員は多少収入が多いかもしれないが、支出の方も職員の時と比べると比較にならないほど多い。退職金もない。日々の活動にも費用がかかる。選挙にもかなりのお金がかかる。それでも、彼は「選挙に出る」と言う。
実は以前の私もそうであった。5年前、私は25年近く勤めた守口市役所を退職して、寝屋川市議会議員に立候補した。だから、彼の気持ちはよく解かる。それは一種の「ロマン」ではないかと私は思う。(「あなたのロマンのために迷惑を受けるのは、いつも私たち家族だ」と家内がよく言うが・・・)
「あなたは、なぜ選挙に出るのですか」と質問すれば、「市民の皆さんの幸せのため」「住みよいまちづくりのため」「世の中を良くするため」「政治を変えるため」など様々な模範回答が返ってきそうだが、中には「ロマンのため」という正直な回答があっても良いような気がする。
私は、そこにロマン(夢や冒険への憧れ)があるからこそ、人は損得勘定を度外視して、あえて困難に挑戦できるのではないかと思う。
私は別れ際に彼と握手をして、「選挙の時は応援に行くからね」と約束をして別れた。
来年の春初めて選挙に挑戦する彼に心からエールを送りたい。そして、ロマンのために日々活躍している多くの仲間にもエールを送りたい。そして最後に、大きなロマンに向かって頑張っている自分自身にも小さい声でエールを送りたい。


About 2007年12月

2007年12月にブログ「山さんのコラム」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2007年11月です。

次のアーカイブは2008年01月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34