« 小学校英語学習と野球のキャッチボール | メイン | ほしのふるまち »

朝の2時間ドラマ

私が『朝の駅立ち』を始めたのは平成14年9月からなので、もう5年余り続いていることになる。
最初の選挙を半年後に控えて、「少しでも市民の皆さんに名前と顔を覚えて貰いたい」との必死の思いで始めたものである。当時、すでに毎朝駅立ちをしていた若い議員もいたので、「よ~し僕も!」との思いもあったのも事実である。
最初の頃は、週に2回(月・木)朝7時から8時までの1時間ほどの駅立ちであったが、当時まだ前の職場に勤めていたので、退職するまでの3か月間、朝立ちの日はいつも30分ほど遅刻し、上司や職場の皆さんに事情を話して理解と協力をいただいたことを思い出す(今でも当時の上司や職場の皆さんには心から感謝している)。
その後退職し、本格的に選挙の準備体制に入ってからは、朝の駅立ちも月~金曜日の毎日行い、時間も6時30分~8時30分の2時間に延長して実施した。そして、お陰さまで平成15年4月の1回目の選挙では2,235票をいただき、32人中16位で当選させていただくことができた。私は、思いがけない好成績で当選できたのは、朝の駅立ちの効果が相当に大きかったと自分では思っている。
そんな思いもあって、平成15年の選挙の後も、雨の日と出張などで不在の時以外は、毎日(月~金)曜日と場所を変えて、毎朝2時間の駅立ちを今も続けている。また、議員になってからは毎月議会報告「山さんのホームページ」を発行し、駅前で配布もしている。そして、お陰さまで本年4月の2回目の選挙でも3,314票いただき、32人中5位で当選させていただくことができた。
5年余りも『朝の駅立ち』を続けていると、たくさんの方と知り合いになることができた。そして、毎朝たくさんの方から声をかけていただき、元気をいっぱいいただいている。
また、毎朝いろんなドラマと出会うことができる。遅刻しそうなのか、慌てて改札口へ駆けていくサラリーマン。前日夜更かししたのか、眠そうな目をした学生。出かけに奥さんと喧嘩でもしたのか、不機嫌そうな中年の男性。新婚なのか、見るからにアツアツそうなカップル。毎回、立ち止まって私に話しかけてくださるお母さん。服装の流行や季節感も楽しい。子どもたちの成長を見るのもまた嬉しい。
正に、毎朝たのしい『朝の2時間ドラマ』を見る思いである。

About

2007年11月16日 09:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「小学校英語学習と野球のキャッチボール」です。

次の投稿は「ほしのふるまち」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34