« 人間関係を良くする秘訣 | メイン | 改めて〈コンビニ強盗〉事件に思う「命の教育」の大切さ »

熱中症と冷房の関係

10月に入って、ようやく朝夕の涼しさに秋を感じるようになった。しかし、日中の暑さは30℃を切ったとは言え、まだまだ残暑が厳しい。まさに異常気象である。この暑さはいつまで続くのだろうか。
ところで、昨日小学校の運動会があり(30日に予定されていたものが雨天で延期になったもの)参加させていただいた。子どもたちが真剣に取り組む姿は感動的であった。特に「ネバー・ギブアップ」と題した6年生の組み立て体操には鳥肌が立つほど感動した。
ところで、お昼を校長先生やPTAの会長さんらと一緒にご馳走になったが、その席上「最近子どもたちだけでなく、大人もすぐに熱中症になりやすいのは、なぜか」と言う話題になった。最近、警察の機動隊員も訓練中に熱中症で倒れたとか・・・。
そして、結論は「冷房が原因ではないか」ということになった。どこの家庭にもエアコンが普及して、大人も子どもも真夏でもあまり汗をかかなくなった。そして、汗をかいて体温を調整する機能が衰えてしまったのが原因ではないか・・・・・。専門的な裏付けは定かではないが、何となく納得できる結論である。
しかし、果たしてエアコンのない生活に戻せるかどうか・・・・。難しい問題である。

About

2007年10月03日 19:47に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「人間関係を良くする秘訣」です。

次の投稿は「改めて〈コンビニ強盗〉事件に思う「命の教育」の大切さ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34